トゥクトゥク移動図書館プロジェクト

スリランカの子どもたちに
「学ぶ」たのしさを

TukTuk

トゥクトゥク移動図書館プロジェクト

コロナの時代、スリランカも深刻な影響を受けており、多くの学校も休校。子どもたちは外出もできず、人や情報に触れあう機会をなくしています。MJF基金は、そんな子どもたちのための図書やおもちゃをトゥクトゥク(オート三輪)に載せて各地を巡る「移動図書館」を始めました。トゥクトゥクで村々をまわり、子どもたちに図書を貸し出して学びの楽しさを伝え、応援しています。

まだまだ良質な本がたくさん必要との要請を受け、日本から支援を開始しました。本プロジェクトに御賛同いただいた日本国内のホテルでディルマ紅茶をご提供いただき、その収益の一部を活用して図書を調達し、移動図書館に寄贈していきます。⁠ディルマ紅茶を、ホテルのラウンジや客室などでお楽しみいただくことによって、スリランカの次世代を担う子どもたちに学びの素晴らしさを伝えて応援することにつながる。まさに「笑顔をつなぐ」活動が、いよいよ大きくなっていきます。

トゥクトゥク移動図書館の様子(動画)はこちら