「笑顔をつなぐ紅茶」キャンペーン

笑顔をつなぐ紅茶キャンペーン

日本スリランカ国交樹立70周年記念

ワルツ株式会社は、日本とスリランカが国交樹立70周年を迎える2022年、ディルマ「笑顔をつなぐ紅茶」キャンペーンをスタートさせました。両国の国交樹立70周年をお祝いすると同時に、ディルマ紅茶が架け橋となって、日本の消費者の皆様とスリランカの子どもたちが、笑顔でつながることを目指すプロジェクトです。

「キャンペーン2つの柱」

1. スクールバッグ提供支援プロジェクト

生活協同組合(生協)の食品カタログに掲載された、ディルマ製品を組合員様に1点ご利用いただくごとに1円を拠出し、スクールバッグを調達し小学校へ入学する子どもたちに寄贈していきます。

2. トゥクトゥク移動図書館プロジェクト

本プロジェクトにご賛同いただいた日本国内のホテルでディルマ紅茶をご提供いただき、その収益の一部を活用して図書を調達し、移動図書館に寄贈していきます。

「日本・南西アジア交流年」周年事業

2022年、日本はスリランカとの国交樹立 70 周年以外にも、インドやパキスタン、バングラデシュなど、南西アジアの多数の国々と 50 周年や 70 周年の節目に当たることから、日本政府が 2022年を「日本・南西アジア交流年」と定めております。

ディルマ「笑顔をつなぐ紅茶」キャンペーンは、この度「日本・南西アジア交流年」周年事業として、日本政府より認定を受けました。このキャンペーンを契機に、両国の関係が発展するとともに、一人でも多くの日本の消費者の皆様にディルマ紅茶をお楽しみいただけることを願っております。

キャンペーン発表会の様子(動画)はこちら