MJF慈善基金 日本国内での活動

日本からスリランカの子どもたちへ

スクールバッグ提供支援プロジェクト

MJF慈善基金は毎年、託児所から小学校へ上がる800名以上の5歳の子どもたちに、スクールバッグや文房具を無償で進呈しています。
ディルマ紅茶の御取引先である生活協同組合連合会東海コープ事業連合様(本部:愛知県名古屋市)に、MJF慈善基金の理念と活動にご共感いただき、2017年からディルマ日本総代理店のワルツ株式会社との共同で、「スクールバッグ提供支援プロジェクト」が始まりました。毎年8月-翌年7月の間、共同購入の注文書に掲載されたディルマの製品を組合員様に1点御利用いただくごとに1円を拠出し、1年間の拠出金でスクールバッグを調達して、1月に小学校へ入学する子どもたちに寄贈するプロジェクトです。会員生協のコープあいち、コープぎふ、コープみえの職員様・組合員様から御賛同をいただき、初年度は87個、2年目は135個、3年目は143個と、毎年より多くのスクールバッグを日本からスリランカの子どもたちに寄贈できています。
3年目からは他地域の複数の生活協同組合様にもこのプロジェクトに加わっていただき、日本からの支援の輪が徐々に大きくなっています。ディルマ紅茶をお楽しみいただくことが、スリランカの子どもたちの笑顔につながっていく。将来的には小学校へ入学する児童全員のスクールバッグを日本から寄贈できるよう、つながりの輪を広げていきます。

スクールバッグ贈呈式の様子(動画)はこちら

  • 2018年度贈呈式の様子
  • 2019年度贈呈式の様子
  •  
    2020年度贈呈式の様子