おいしい紅茶の入れ方

おいしく入れるポイントをご紹介おいしい紅茶の入れ方

おいしく入れるポイントをご紹介 おいしい紅茶の入れ方

おいしく入れるポイント

茶器を温めておく
「茶器」とはティーポットなどの抽出器具や、ティーカップなどです。温め方はお湯を入れて抽出する前に捨てる方法がお手軽です。
沸かしたてのお湯を正しい量で
汲みたての新鮮なお水を使いましょう
フタをして正しい時間、充分蒸らすこと
専用のフタがなくても、ソーサーや小皿などでフタをして蒸らしましょう。蒸らしは紅茶抽出の重要ポイントです。
1分後と最後に軽くかき混ぜる
軽いひと混ぜで、まんべんなく抽出された本来の味わいに。

Tea Bagティーバッグ

  • 1温めておいたティーカップに、ティーバッグを1袋入れます。
  • 2沸騰したての熱湯を注いでフタをし、ストレートティーの場合は3分、ミルクティーの場合は5分を目安に蒸らします。 ・1杯分につき180~200ccが目安です。
    ・蒸らし始めて1分後に軽く全体をかき混ぜると、バランスのとれた味わいになります。
  • 3目安の時間が経ったら、再び軽く全体をかき混ぜて濃さを均一にし、ティーバッグを取り外します。

Leaf Teaリーフティー

  • 1温めておいたティーポットに、杯数分の茶葉を入れます。 ※1杯あたりの茶葉の量は下記ご参照ください。
  • 2沸騰したての熱湯を、杯数分ポットに注ぎます。 ・1杯分につき180~200ccが目安です。
  • 3フタをして、ストレートティーの場合は3分、ミルクティーの場合は5分を目安に蒸らします。 ・抽出し始めて1分後に軽く全体をかき混ぜると、バランスのとれた味わいになります。
  • 4目安の時間が経ったら、再び軽く全体をかき混ぜて濃さを均一にし、
    温めておいたティーカップに茶こしを通して注ぎ分けます。

1杯あたりの茶葉の目安量

【大きめの茶葉】ティースプーンに山盛り1杯(約2.5~3g)

・ワッテシリーズのリーフティー缶

  • ラン・ワッテ
  • ウダ・ワッテ
  • メダ・ワッテ
  • ヤタ・ワッテ

【小さめの茶葉】ティースプーンに軽く1杯(約2g)

・グルメシリーズのリーフティー

  • イングリッシュ・ブレックファースト
  • アールグレイ

Iced Teaアイスティー

【 出来上がり1Lの場合 】

  • 11L以上のお湯が入るデカンタ等の抽出器具を用意し、温めておきます。
  • 2ティーバッグ5袋を抽出器具に入れ、沸騰したての熱湯を600cc注ぎます。 ・リーフティーの場合は大きめの茶葉は15g、小さめの茶葉は10gで作成してください。
  • 3フタをして、5分を目安に蒸らします。時間が経ったらティーバッグを取り外します。 ・リーフティーの場合は茶こしを通して、別の容器に移します。
  • 43.に1Lの目盛りに届くまで氷を入れ、かき混ぜながら冷却します。