ディルマ、これが紅茶なんだ。

本物のセイロン紅茶	ディルマ紅茶

Return to Real Tea! ディルマ、これが紅茶なんだ。 ディルマ紅茶のシンボル
新着情報 リンク お問い合わせ サイトマップ ディルマ、これが紅茶なんだ。
ディルマ、これが紅茶なんだ。
WATTE 世界中で愛される究極の紅茶 the WATTE
ワッテシリーズとは ワッテ・シングル・リージョンティー(地域限定紅茶) ワッテの4つの産地紹介 ラン・ワッテ ウダ・ワッテ メダ・ワッテ ヤタ・ワッテ
ワッテの4つの産地紹介

■ラン・ワッテ

ラン・ワッテ 産地イメージ長く鼻に残り、気分をリフレッシュさせてくれる香り、シャンパンのような優雅さ、それがスリランカで「楽園の屋根」とも呼ばれている、標高6000フィート(1829m)以上の地域からやって来た、ラン・ワッテです。その茶葉が採れる地域の名前はヌワラエリヤといい、丘の上を一面に青々と生い茂る茶畑が、何km先までも果てしなく広がっています。「ヌワラエリヤ」とは現地の言葉で「輝く街」または「永遠に春の続く街」という意味です。「セイロン紅茶にとってのヌワラエリヤは、ワインにとってのシャンパンに等しい」と言われています。


紅茶の国スリランカのほぼ中央に位置する美しい町ヌワラエリヤは、ジョージ王朝からアン女王の時代にイギリスによって開拓され、今でも伝統的なイギリスの田舎町のような風情を残しています。手入れの施された垣根が美しい英国式教会、有名なヌワラエリヤ・ゴルフコースや公園など、この地域を代表する建物は、見る人に郷愁の情を与えてくれます。標高1890mに達するこの町では、空気は涼しく澄んでおり、蒸し暑い大都市コロンボの雑踏を抜け出して、心地よいくつろぎと安らぎのひと時を味わえます。ヌワラエリヤ近郊の標高2000m近くの地域には、スリランカで一番高い場所にある草原として有名なホローン高原があります。一面パトナ草(イネ科の植物)に覆われ、数多くの野生動物や野鳥のすみかであるこのホローン高原は、自然愛好家たちの最も注目する場所となっています。そして霧に覆われた草原を5kmほど進んだ先には、「世界の果て」の異名を持つ落差1050mの断崖が現れ、見る者を圧倒する絶景が広がっています。

■ウダ・ワッテ

ウダ・ワッテ 産地イメージ深いコクとまろやかさとを併せ持った、爽やかな味わいのウダ・ワッテ。茶葉が栽培されているのは標高4000-5000フィート(1220-1525m)に位置する、ディンブラ地域。この地域は1870年代に、それまでのコーヒー栽培に代わって、スリランカで最初に紅茶の木が植えられた場所です。ひんやりとした冷涼な気候によって、高地産紅茶に特徴的に見られる深いコクとまろやかさ、そして爽やかさを兼ね備えた味わいが生まれます。


この地域には大きな町は無く、大半が世界で最上質な紅茶が採れる茶園で占められています。そして息をのむような美しい山脈と渓谷、曲がりくねった道に滝がある景色など、ディンブラはスリランカで一番、自然の織り成す美しさに恵まれた地域でもあります。またこの地域にはかつて「アダムズ・ピーク」と呼ばれたスリ・パーダ山がそびえ立っています。その標高はスリランカで2番目に高い7360フィート(2243m)ですが、スリランカの文化・歴史に関しては次ぐものの無い重要な山です。山はスリランカのように多宗教の国では、仏教徒、イスラム教徒、そしてキリスト教徒のすべてから畏敬される、聖なる存在です。毎日のように何百人という巡礼者や旅行者が、何千も続く石段を6時間かけて登り、山頂で日の出を迎えます。それはまさに見る者を圧倒する、荘厳な景色です。その鋭い三角の山麓は、晴れた日にははるか遠く、コロンボ市郊外からもくっきりと見ることができます。

■メダ・ワッテ

メダ・ワッテ 産地イメージメダ・ワッテは標高2000-3000フィート(610-925m)の地域で栽培され、まるでシラーズワインのように、中高地産の紅茶に特徴的に見られる濃厚で甘酸っぱいコクのある紅茶です。


メダ・ワッテの産地キャンディの町には、かつてシンハラの王宮があり、城下町として栄えた歴史があります。「スリランカの小京都」とも呼ばれるべきスリランカで最も美しい町・キャンディには今も、コロンボに次いで大勢の観光客が訪れます。時代を経ても色あせることの無い、高貴で荘厳な雰囲気がキャンディにはあります。町で文句無しに一番の見所は、黄金の屋根に包まれたダラダー・マーリガーワ寺院で、そこには「仏陀の歯」だと伝えられているものが置かれています。キャンディの町が一年のうち最も賑やかになるのは、7月末から8月にかけて昼夜を通して10日間開かれる、エサーラ・ぺーラヘーラという祭りで、仏陀の歯のレプリカを載せて、民族衣装を着た踊り子やドラムの演奏隊、そして80頭から100頭ものゾウたちが、行列して踊り歩きます。キャンディ市街から8kmほどの場所には美しいドゥンバーラ渓谷が広がり、そこにあるカラプラーヤという町では、古代に活躍した職人たちの子孫が今も鉄製や木製の、よそでは見られない華麗な工芸品を製作しています。キャンディ市内とその周辺には数多くの寺院があり、珍しい絵画や壁画、彫刻などが見られます。ペラデーニヤ・ガーデンはシンハラの王が自ら鑑賞のために、様々な種類の木や草花を集めて造り上げた庭園です。キャンディでは木製、銅製、銀製、真鍮製、そして漆塗りにブロンズ製など、様々な土産物探しを楽しめます。他にもセラミックス、漆器、手織、ろうけつ染め、そして宝石なども手に入れることができます。

■ヤタ・ワッテ

ヤタ・ワッテ 産地イメージヤタ・ワッテはインド洋の海岸近く、標高1000フィート(305m)地帯で栽培されています。際立った黒色の茶葉から、ひと目で低地産の紅茶だとわかります。そして重厚な水色と、深いコクを持った味わい。


ルフナ地域にはスリランカで4番目に大きい都市ゴールがあり、ヤタ・ワッテはその地に広がるキルワーラ・ガンガ農園で大切に育てられています。コロンボから南へ116kmの、歴史と伝統に包まれた町ゴールは、スリランカ南部を代表する都市です。聖書のソロモン記に登場するタルシュシュの町とは、このゴールの港町だったのではないかという説もあります。そしてこの町には、かつてのオランダによる支配の形跡が、現在も色濃く残されています。1663年に築城された36ヘクタールもの広大なオランダの要塞「ダッチ・フォート」は、長い年月を経ても朽ちることなく、今日でも整然とそびえ立っています。その巨大な城壁は、岬を中心としたゴール旧市街地をすっぽり囲んでしまうほどに大きく張り巡らされ、その内側にはオランダ人の民家や博物館、教会などが、今日まで丈夫なまま残されています。まるでこの地域だけが歴史の流れを超越したかのように、この町にはとても静かでくつろげる雰囲気が流れています。スリランカ国内にはゴール市を含め全部で7箇所の世界遺産がありますが、この町はその中で唯一、世界遺産に指定されている区域の中に今も人々が住み、日常生活を送っている場所なのです。19世紀後半には、ゴールはスリランカを代表する港でした。今日でもゴール港では魚の水揚が行われています。ゴールの代表的な産業は組みひもや漆塗り、宝石の研磨などです。

ディルマ日本総代理店ワルツ(株) 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用条件
使用している画像、文章等の著作権は全てワルツ株式会社に属します。Copyright(C) Waltz Co., Ltd. All rights reserved.