ディルマ、これが紅茶なんだ。

本物のセイロン紅茶	ディルマ紅茶

Return to Real Tea! ディルマ、これが紅茶なんだ。 ディルマ紅茶のシンボル
新着情報 リンク お問い合わせ サイトマップ ディルマ、これが紅茶なんだ。
ディルマ、これが紅茶なんだ。
よくあるご質問
質問 紅茶にはどの位のカフェインが入っていますか?
回答

人の身体はある程度の量のカフェインの摂取を必要としており、研究によれば1日に10~12杯の紅茶を飲んでも、人体に害は無いそうです。

カフェインの含有量は遺伝子によって決定されるため、茶の木の種類によって異なります。スリランカで栽培されているカメリア・シネンシス種の茶葉には、約 2.5~4%のカフェインが含まれています。ただし、同じ1本の茶の木であっても、その部位によってカフェインの含有量は異なります。

 

例:

4.70 %

1

4.20 %

2

3.50 %

3

2.90 %

茎上部

2.50 %

茎下部

1.40 %


コーヒー・紅茶のどちらにも、メチル化キサンチン、カフェイン、テオフィリン、そしてテオブロミンが含まれています。抽出後のコーヒーが、通常の食品の中で最もたくさんカフェインを含んでいると言われており、カップ1杯あたり約100mgのカフェインが含まれています。ちなみにコカ・コーラの300mlボトルには30~60mg、56gのダークチョコレートバーには37mgのカフェインが含まれています。薬の中にはカフェインを含んでいるものが多くあります。錠剤には1粒で200mgのカフェインが含まれているものもあります。一方カップ1杯の紅茶なら、カフェインの含有量は28~44mgです。(米国食品医薬品局調べ)

抽出前の乾燥した茶葉の状態では、同じ質量のコーヒー豆よりも、紅茶の方がたくさんのカフェインを含んでいます。しかし、同じ量の茶葉とコーヒーの挽き豆とでは、紅茶の方がたくさんの抽出液を作れるので、結果的に1杯あたりに含まれるカフェインの量は、紅茶の方がコーヒーより少なくなるのです。

カフェインは大量に摂取しすぎると、人体に悪影響を及ぼすと言われていますが、紅茶の抽出液に含まれるカフェインはコーヒーの半分にすぎません。また、紅茶に含まれるカフェインが紅茶ポリフェノールと結合して、身体に害を与えるようなことも無いと、科学的に証明されています。

一覧へ戻る>>
ディルマ日本総代理店ワルツ(株) 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用条件
使用している画像、文章等の著作権は全てワルツ株式会社に属します。Copyright(C) Waltz Co., Ltd. All rights reserved.