ディルマ、これが紅茶なんだ。

本物のセイロン紅茶	ディルマ紅茶

Return to Real Tea! ディルマ、これが紅茶なんだ。 ディルマ紅茶のシンボル
新着情報 リンク お問い合わせ サイトマップ ディルマ、これが紅茶なんだ。
ディルマ、これが紅茶なんだ。
ディルマの紅茶づくりへの5つのこだわり About Dilmah ディルマの紅茶づくりへの5つのこだわり
■抜群の鮮度
■産地限定・現地一貫生産
■豊富な紅茶ポリフェノール
■標高差によるバリエーション
■スリランカへの社会貢献

ディルマ物語

この物語では、ディルマ創始者メリル・J・フェルナンドの生い立ちとディルマ設立までの彼の辿ってきた道をご紹介します。


【第1章】「紅茶に魅せられた人生」のはじまり

―セイロン島(現スリランカ)で紅茶の栽培が始まったのは、19世紀半ばのことでした。それ以来、セイロンは、世界でも最も上質な味わいの紅茶産地として知られるようになりました。  ・・・ 続きを読む



【第2章】自分たちの育てた茶葉100%の紅茶ブランドの夢

―メリルは24歳の時にセイロンへ帰り、イギリスの企業が経営していた紅茶会社で働き始めました。  ・・・ 続きを読む



【第3章】「紅茶の国」が抱えていた不条理

―当時スリランカで茶葉栽培から製品化までのすべてを行っているブランドは、ひとつもありませんでした。・・・ 続きを読む



【第4章】58歳にして叶えた夢「Dilmah」ブランド誕生

―しかしその夢の実現までには、大変な困難を伴いました。まず彼が紅茶の製品化を行うために、スリランカで初のティーバッグ製造機を導入した時、それまでメリルの会社から原料茶葉を輸入していた顧客から、猛烈な抗議と反対に遭いました。

・・・ 続きを読む



【第5章】「Dilmah」の成功を地域の人々と分かち合うこと

―産地で製品化までを一貫して行う紅茶ブランドという、新しい紅茶産業のスタイルを確立したメリル・J・フェルナンド氏ですが、彼は今、その人生を振り返ってこう語っています。 ・・・ 続きを読む



【第6章】「新鮮・純セイロン産」の初心を忘れず将来へ

―「ディルマ」のブランド名の由来にもなった、メリルの2人の息子ディルハンとマリクも、父の歩んだ道を受け継ぎ、今では中心となってディルマの発展を支えています。 ・・・ 続きを読む

ディルマ日本総代理店ワルツ(株) 個人情報の取り扱いについて サイトのご利用条件
使用している画像、文章等の著作権は全てワルツ株式会社に属します。Copyright(C) Waltz Co., Ltd. All rights reserved.